オーバーハングしたルートでのクイックドローの回収

logo_petzl

 

オーバーハングしたルートでのクイックドローの回収は難しい作業です。ハーネスとビレイヤー側のロープを連結すれば、体力の消耗も少なく、一つ回収するごとに大きく体が振られることもなくなります。障害物などに衝突するリスクは、地面に近いところで最も大きくなります。リスクを減らすための方法をいくつか紹介します:

1. ロワーダウン中

終了点にロープをセットしたら、クライマーは自分のハーネスとビレイヤー側のロープをクイックドローで連結します。
このクイックドローが、回収するクイックドローから体が離れないようにする役割をします。

クイックドローを回収するときは必ずボルト側のカラビナを外します。
方法は2つあります:
– ホールドをつかんで体を壁に寄せ、クイックドローを外す
– カラビナをつかんで体を壁に寄せた瞬間にクイックドローを外す
クイックドローを外すとクライマーが振られるので、ビレイヤーはしっかりと踏ん張る必要があります。

2. 地面に近づいた時

オーバーハングが大きくなると、振り子によるリスクも大きくなります。

最後のクイックドローを外す前に、クライマーは自分とビレイヤー側のロープを連結しているクイックドローを外す必要があります。これを付けたままだと、ビレイヤーがロープに引っ張られる可能性があります。

 

最後のクイックドローを外す時には、クライマーは自分が振られる方向に障害物がないことを確認しなければなりません。

障害物を避けることができず、またクイックドローを地上から回収できる場合は、最後のクイックドローを残したままでクライマーを地面まで下ろすことができます。この方法は、クイックドローの位置が高くない、あるいは回収が難しくない場合に行うことができます。

 

最後のクイックドローの位置での振り子が危険で、ボルトの間隔が短い場合は、クライマーはハーネスに付けたクイックドローを下から2番目のクイックドローにクリップします。そして一番下のクイックドローを外し、ビレイヤー側のロープをフリーにします(全てのドローから外す)。ビレイヤーがロープのたるみをとり、クライマーはホールドをつかんで自分と壁をつないでいるクイックドローを外します。

 

注意: こちらに掲載した内容はすべてを網羅するものではありません。取扱説明書、テクニカルマニュアルもご参照ください。技術的なトレーニングも必ず行ってください。