よくあるお問い合わせ

製品の購入
Q1. ペツル製品はどこで販売していますか。
Q2. 欲しい製品を在庫しているお店がありません。どのようにすれば購入できますか。
Q3. ペツルのスポーツカタログが欲しいのですが、どのように入手できますか。

ヘッドランプ
※ヘッドランプについてのQ&Aはこちらにまとめさせていただいております。

製品・使用
Q1. タイブロックはどんなカラビナでも使用できますか。
Q2. バイザー「ビジョン」が取り付けられるヘルメットを教えてください。
Q3. トリグレスト クォークは旧クォークにも使用できますか。
Q4. アックス本体やピックにⒷやⓉのマークがありますが、何を意味しているのですか。
Q5. クランポンのアンチスノープレートが欲しいのですが、どれを購入すればよいのか分かりません。
Q6. クランポンの交換用バンドはありますか。
Q7. 販売しているスペアパーツにはどのようなものがありますか。

メンテナンス
Q1. ハーネスやスリングの汚れが気になります。どのように洗浄すれば良いのでしょうか。
Q2. ピッケルやクランポンを使った後のメンテナンス方法を教えてください。
Q3. 製品の消耗が気になります。使い続けて大丈夫なのか、捨てたほうがよいのか、どのように判断すればよいでしょうか。
Q4. 点検や修理を依頼したい場合はどうすればいいですか。

保証
Q1. 製品の保証内容について教えてください。

製品の購入

  1. Q1. ペツル製品はどこで販売していますか。

    ペツルスポーツ製品取扱販売店でご購入いただけます。
    取扱販売店一覧はこちら

  2. >Q2. 欲しい製品を在庫しているお店がありません。どのようにすれば購入できますか。

    お近くのペツル製品販売店にてご注文いただければ当社に在庫がある場合は店舗へ納品いたします。 また、当社に在庫がない製品については、おおよそ3ヵ月ほどお待ちいただければメーカーより取り寄せ可能ですのでご依頼ください。

  3. >Q3. ペツルのスポーツカタログが欲しいのですが、どのように入手できますか。

    2015年度はペツルスポーツカタログを作成しておりません。
    お求めの製品その他の情報については、製品情報技術情報 にてご確認ください。

製品・使用

  1. Q1. タイブロックはどんなカラビナでも使用できますか。

    タイブロックは必ずロッキングカラビナと併用してください。「Am’d」や「ウィリアム」など断面の形状が丸いもので、直径が10~12mmのカラビナが適しています。 ※カラビナでロープを歯に押し付けることでジャミング機能が働く原理のため、カラビナの形状が性能に大きく影響することになります。

  2. Q2. バイザー「ビジョン」が取り付けられるヘルメットを教えてください。

    2014年10月以降発売のバイザー「ビジョン」は、「シロッコ」「メテオ」「エリオス」シリーズに取り付け可能です(それぞれに対応する取り付けパーツが付属しています)。
    ※2013年以前にご購入いただいた「ビジョン」には、その当時に発売されていなかったモデル(世代)のヘルメットに取り付けることはできません(対応する取り付けパーツが付属していません)。

  3. Q3. トリグレスト クォークは旧クォークにも使用できますか。

    「U19TRI トリグレストクォーク」は旧タイプのクォークにも装着することができます。 しかし、この製品の特徴であるトリガー操作による位置の調節機能は、専用設計のグリップ形状を備えた現行モデルでのみ機能し、旧クォークではお使いになれません。 旧クォークに装着する場合は、工具を用いて位置を固定する必要がありますのでご注意下さい。

  4. Q4. アックス本体やピックにⒷやⓉのマークがありますが、何を意味しているのですか。

    ヨーロッパ規格(EN)や国際山岳連盟(UIAA)規格において、アイスアックスは2つのタイプに分類されています。 アックス本体やピックにはそれぞれのタイプに応じた刻印が示されています。
    ・タイプB:氷河や雪上での歩行、スキー登山などで負荷の低い環境で使用される基本的なモデル
    ・タイプT:アイスクライミングやドライツーリングなどで使用される強度がありテクニカルなモデル
    ※2つのタイプは規格試験に求められる耐久性が異なり、タイプTの試験では使用環境を想定した個別項目が加えられています。

  5. Q5. クランポンのアンチスノープレートが欲しいのですが、どれを購入すればよいのか分かりません。

    現行のクランポン及び旧シャルレモゼールのクランポン各モデルに対応したアンチスノープレート がございます。
    旧モデルのクランポンをお持ちの方は、こちらの対応表 でご確認ください。

  6. Q6. クランポンの交換用バンドはありますか。

    クランポンのスペアバンドについては、ペツルの全モデルに適合するものをご用意しております。クランポンページ でご確認ください。
    また、旧シャルレクランポン用のスペアバンドも一部を除き用意しております。(長くご使用になられたクランポンについては、本体の経年劣化等を考慮した上でバンド交換をご判断ください。)
    スペアバンドのご購入については、ペツル製品の取扱販売店 までお問合せください。

  7. Q7. 販売しているスペアパーツにはどのようなものがありますか。

    交換用パーツとして販売されているものはスペアパーツリストに載っています。 リストに掲載されていないものについてもご用意がある場合がありますのでご相談ください。

製品のスペックや機能、性能について

メンテナンス

  1. Q1. ハーネスやスリングの汚れが気になります。どのように洗浄すれば良いのでしょうか。

    ハーネスやスリングなど繊維製品の洗浄方法は以下のとおりです。
    ・柔らかいスポンジや小さなブラシなどを使って、真水もしくは石鹸や中性洗剤とぬるま湯で汚れを落としてください。洗剤を使用する際はしっかりとすすぎを行ってください。
    ・洗濯機を使用することもできます。その際はバックルやギアラックなど硬い部分でドラムが痛まないよう、厚めの洗濯ネットを使用し、弱流で回してください。洗濯機での脱水は避けてください。 洗浄後は直射日光を避け、陰干しで乾燥させてください。

  2. Q2. ピッケルやクランポンを使った後のメンテナンス方法を教えてください。

    使用後のピッケルやクランポン表面には、雪に混じった砂や岩などにより無数の傷ができています。濡れたまま、もしくは汚れが付着したまま保管すると、その部分から錆が浮いてきてしまいます。
    そのため、使用後はなるべく早く全体を水洗いし (必要によってはブラシで汚れを落とします)、布で水気をふき取るなどした後、さらに十分に自然乾燥した上で機械用のオイルを塗布してから保管するようにしてください(ゴムやプラスチックパーツへの付着は劣化を早めるため、余分なオイルは拭き取ってください)。
    なお、錆がひどいようなら金属ブラシやスチールウールなどで錆を落としてから機械用オイルを塗布してください。

  3. Q3.使用している製品の消耗が気になります。使い続けて大丈夫なのか、捨てたほうがよいのか、どのように判断すればよいでしょうか。

    製品の目視点検によって把握できる状況から「使用可」「廃棄」「注意が必要」「要修理」などの例を示している資料【ペツル個人保護用具点検マニュアル】 をご用意していますので参考になさってください。
    ※ペツルのプラスチック製品及び繊維製品の耐用年数は、製造日から数えて最長10 年です。金属製品には特に設けていません。しかし、たった一度の使用でもダメージを負った製品は使用不可能になることがあります。
    毎回の使用前や定期的な点検を行うようにしてください。また、使用履歴が分からない製品や使用しなくなった製品は以後の使用を避けるために廃棄するようにしてください。

  4. Q4. 点検や修理を依頼したい場合はどうすればいいですか。

    まずはお買い上げいただいた店舗にご相談ください。
    ウェブショップ(正規販売店)より購入された場合にも同様に、まずは販売店の相談窓口をご利用ください。購入したお店が分からない場合など、不明なことがありましたら 当社までご相談ください。 取扱販売店一覧はこちら

 

保証

  1. Q1. 製品の保証内容について教えてください。

    メーカー保証は製造日から3年間、原材料及び製造過程における欠陥に対して適用されます。 ただし以下の場合は適用外となります: 通常の磨耗や傷、酸化、改造や改変、不適切な保管方法、メンテナンスの不足、事故または過失による損傷、不適切または誤った使用方法による故障 製造日の確認方法はこちら