マルチピッチでの懸垂下降

logo_petzl

photo: (C) Lafouche

懸垂下降では注意力と手際の良さが大切です。ビレイ点で作業をする時は必ず自己確保をとらなければなりません。

支点にロープをセットする

1.
支点が2点から連結されたものであることを確認してください。オーバーハンドノットでロープを連結します。ノットはしっかりと結んでください。

バックアップとディッセンダーをセットする

2.
バックアップは、クライマーが下降中にロープから手を離すとき(落石やロープに結び目がある場合など)に下降を止める役割をします。バックアップをディッセンダーの下に取り付けることでロープにたるみができ、ディッセンダーがセットしやすくなります。
バックアップ器具は落とさないようにハーネスのビレイループにガースヒッチで取り付けます。
注意: 長い懸垂下降、視界の悪さ、疲労等、様々な危険要因がありますので、ロープの末端に結び目を作ることを忘れないでください。

次のピッチへ

3.
次の支点に自己確保をとったら、ロープをディッセンダーとバックアップ器具から外します。ロープが離れていかないようにするため、またセカンドクライマーの懸垂下降のバックアップになるように、ロープを2本とも支点に連結します。

4.
末端の結び目をほどきます。ロープの末端を支点に通します。

ロープを引く

5.
セカンドクライマーが自己確保をとったら、ロープを引きます。セカンドクライマーが正しいロープを引いて、リードクライマーはそのロープが支点をスムーズに通っていくことを確認します。2本のロープの結び目が支点の位置まで来たら、リードクライマーはバックアップデバイスとディッセンダーのセットを始めることができます。2本のロープを引き終わればリードクライマーは次のピッチの下降を始めます。

関連製品
  • ルベルソ 4

 

注意: こちらに掲載した内容はすべてを網羅するものではありません。取扱説明書、テクニカルマニュアルもご参照ください。技術的なトレーニングも必ず行ってください。