『アイディ S』を使用した重量 250 kg までのビレイ

logo_petzl

 

作業用システムが崩壊した場合、バックアップ用ロープが墜落を止めます。この際、バックアップ用ロープには衝撃荷重がかかります。

警告

  • 以下の補足情報を読む前に取扱説明書をよく読んでください
  • ここで紹介する技術を使用する前に、取扱説明書の内容を十分に理解する必要があります
  • これらの技術を身に付けるためには、トレーニングが必要です
  • これらの技術を自身で実践する前に、使用方法を熟知していて責任能力のある人に相談してください

留意点:

おもりの重量が増加するのに伴い、落下時に生じるエネルギーは著しく増加します。ビレイの重量が 100 kg 超 250 kg 以下の場合、ユーザーは訓練と経験を積んでいる必要があります。
注意:

  • 末端側のロープから絶対に手を放さないでください
  • 作業用システムの破断に備え、衝撃荷重を最小限に抑えるために、バックアップ用ロープは常にたるみがない状態を維持してください
  • クリアランスを確保してください。作業用ロープが破断した場合、バックアップ用ロープが伸びる分だけ低い位置まで落ちます


引き上げ時のビレイ方法:

末端側のロープから絶対に手を放さないでください。

ロワーダウン時のビレイ方法:

末端側のロープから絶対に手を放さないでください。
ロープを流れやすくするには、『アイディ』を傾けてください。

『アイディ S』を使用した重量 250 kg の墜落停止試験:

『アイディ S』が重量 250 kg までのビレイに対応することを確認するために、器具が対応する複数の未使用のロープを使用して厳しい条件で試験を行いました。
この試験は、誤った器具の使用方法で行われています。末端側のロープが握られておらず、ロープにたるみがあります。

結果:
  • 器具内でロープが滑ることにより、衝撃荷重は許容範囲内 (約 6 kN) に収まりました
  • 器具内のロープの滑り量は大きくなる可能性があります (1 ~ 2m)。十分なクリアランスを確保してください
  • 試験終了後、おもりをロワーダウンすることができました