ロープレスキュー:『アサップ』を使用した救助者が付き添う下降

logo_petzl

 

事故により、ハーネスを装着した作業者が意識のない状態や負傷により動けない状態で吊り下げられるという状況はとても危険で、迅速に対応する必要があります。現場の作業者が通常の装備を使用して直ちに救助にあたることが求められます。

警告

  • 以下の補足情報を読む前に取扱説明書をよく読んでください
  • ここで紹介する技術を使用する前に、取扱説明書の内容を十分に理解する必要があります
  • これらの技術を身に付けるためには、トレーニングが必要です
  • これらの技術を自身で実践する前に、使用方法を熟知していて責任能力のある人に相談してください

 

ここで想定しているのは、要救助者が動けない状態で吊り下げられている緊急の事態で、本来1人用の個人保護用具で2人以上のビレイやバックアップを行う必要のある特殊なレスキューです。作業者は、この種のレスキューについてトレーニングを積んでいる必要があります。
通常最も効率的な手段は下方に救出する方法です。救助者は自分と要救助者を連結してから要救助者のロープやランヤード等を解除し、要救助者を伴って下降します。下降は、1つの下降器でコントロールします。詳しくは、『アイディ』および『リグ』の取扱説明書等をご参照ください。最初に発生した事故により、ロープがダメージを負っている等の理由で下降用のロープが破断した場合、救助者と要救助者の2人の墜落は、1つのバックアップシステムにより止められることになります。その際、ロープ、『アサップ』およびエネルギーアブソーバーは、使用の限界に近い荷重を受けます。必要な対策について、以下をご参照ください。ここに記載されている内容はレスキュー技術の訓練のために使用するものではありません。ここでは、ペツル製品の性能と限界が検証されているに過ぎません。

1)予めセットされているロープを使用し、『アサップ』1つを使用したレスキュー

2本のロープを用いてレスキューを行う場合、1本は下降用、もう1本はバックアップ用となります。

1つのエネルギーアブソーバーが使用されます。

試験により、『アサップソーバー』はこのような使用に耐えうるだけの衝撃吸収力を持っていないことが分かりました。

墜落を止める際には非常に大きな衝撃荷重が生じます:
試験では、ロープの外皮が裂け、芯の撚糸が数本破断しました。

試験において、ロープの完全な破断は起きませんでしたが、芯の撚糸が数本しか残っていないロープでレスキュー作業を行うのは非現実的です。

『アブソービカ』の使用をお勧めします:
ロープにダメージを与えずに、1つの『アサップ』で2人 (250 kg) までの墜落を止めることができます。

この使用における『アブソービカ』および『アサップソーバー』の試験:

2014 年にペツルは、救助者が付き添う下降を行うレスキューの状況において、エネルギーアブソーバーの限界を測定するため、広範囲にわたる試験を実施しました。

それぞれのデザインに適用される基準により、エネルギーアブソーバーはそれぞれ異なる衝撃吸収力を備えています。
エネルギーアブソーバーの通常の用途は、一定の墜落距離での1人のフォールアレストです。レスキューおよび2人の墜落は、この範囲を大きく超えます。

この使用における『アブソービカ』および『アサップソーバー』の試験:

直径 11mm のセミスタティックロープにハーネスを装着した試験用ダミーを設定して墜落させました。

支点からの距離とロープによる衝撃吸収能力に関する試験:

試験では、支点から 3 m の距離で行われた場合と他の場合とでは、ほとんど同じ結果が得られました。

注意:

制限荷重

EN 1891 適合のセミスタティックロープにセットされた『アサップ』と『アブソービカ』 L57 の組み合わせで2人をバックアップする方法は、レスキュー時に限り 250 kg の荷重まで使用が認められます。

250 kg を超える場合は、他の方法でレスキューを行ってください。

 

クリアランス

『アサップ』と『アブソービカ』 L57 の組み合わせに墜落した2人の荷重がかかると、1人の場合よりもエネルギーアブソーバーの伸長が大きくなります。

この場合:クリアランス = 5 m + ロープの伸び

 

トレーニング:地面に近すぎる場所で行わないでください

『アサップ』で2人の墜落を止めた場合に地面に衝突するリスクを避けるため、この作業は地面から 5 m 以上の高さで(使用するロープが長い場合、ロープの伸びも大きくなるので追加の距離が必要となります)行うことをお勧めします。

 

一般注意事項

作業前および作業中に、墜落や衝撃荷重の生じるリスク (セットされているロープの状態、支点破断のリスク、振り子動作、下降のコントロールがスムーズではない、急なテンション) ができる限り抑えられていることを確認してください。

2)もう1本のロープ (緊急用) を使用し、『アサップ』2つを使用したレスキュー

 

1本の作業用ロープと2本のバックアップロープを使用することができる場合、それぞれのバックアップロープに『アサップ』とエネルギーアブソーバーをセットして使用することを推奨します。

この技術には、『アサップソーバー』および『アブソービカ』を使用することができます。