『アイディ』を使用した要救助者を伴っての下降

logo_petzl

 

作業中に緊急事態が起こった場合、要救助者が1名の場合の迅速な救出方法として、別の作業者1名が要救助者を伴って下降する方法があります。

警告

  • 以下の補足情報を読む前に取扱説明書をよく読んでください
  • ここで紹介する技術を使用する前に、取扱説明書の内容を十分に理解する必要があります
  • これらの技術を身に付けるためには、トレーニングが必要です
  • これらの技術を自身で実践する前に、使用方法を熟知していて責任能力のある人に相談してください
試験結果によると、重量が 200 kg を超えた場合、下降のコントロールが非常に難しくなるため、操作中のミスは許容されません。

『アイディ S』は、200 kg までの重量であれば、2人での下降をコントロールすることができます。より制動がかかるようにするために、ロープをブレーキ用カラビナに通す必要があります。

・ロープが乾いていて下降の距離も短い場合、下降のコントロールは可能です。
・下降の距離が長く、ロープが濡れていたり汚れていたりしていて、実際の要救助者からのストレスも加わる場合、下降のコントロールを失うリスクは高くなります。

このため、現場にいる作業者の体重が 100 kg を超える場合、レスキュープランにこの技術を含めるべきではありません。
解除可能な方法で支点にロープを固定する等、他のレスキュープランを採用する必要があります。


例外的な状況:
必要な対策を講じていたにもかかわらず、例外的に不測の事態が発生し、200 kg ~ 250 kg の重量でこの技術を使用する必要に迫られた場合:
・ハーネスの側部アタッチメントポイントに2つ目のブレーキ用カラビナをセットし、制動を調節してください。
・下降のスピードをコントロールできていると感じる場合でも、ゆっくりと下降してください。コントロールを失って加速した場合、『アイディ』の制動能力を超えてしまうため、再びコントロールを取り戻すには高度な反射的動作が必要となります。