ロープレスキュー: 荷重のかかったロープでの『アサップ』の使用

logo_petzl

警告

  • 以下の補足情報を読む前に取扱説明書をよく読んでください
  • ここで紹介する技術を使用する前に、取扱説明書の内容を十分に理解する必要があります
  • これらの技術を身に付けるためには、トレーニングが必要です
  • これらの技術を自身で実践する前に、使用方法を熟知していて責任能力のある人に相談してください

ロープレスキュー: 荷重のかかったロープでの『アサップ』の使用

要救助者が作業用ロープに吊り下がっていて、バックアップ用ロープに『アサップ』を付けている場合には、救助者が要救助者のロープを使用してアクセスする救助技術もあります。救助者は、『アサップ』を要救助者の作業用ロープに取り付け、要救助者のバックアップロープを使用してアクセスします。
アクセスの途中で操作ミスやアンカーまたはロープの破断が起こると、どちらかの作業者が墜落する可能性があります。この場合、墜落した作業者の『アサップ』が、荷重のかかったロープ上でロックして墜落を止めなければなりません。

上部から要救助者にアクセス

救助者の『アサップ』を、要救助者の作業用ロープ(ロープ 1)にセットします。
下降速度が速すぎたりロープ 2 が破断した場合には、要救助者の荷重がかかっているロープ 1 上で救助者の『アサップ』がロックしなければなりません。

下部から要救助者にアクセス

救助者は、要救助者のバックアップ用ロープ(ロープ 2)を使用してアクセスします。
ロープ 1 が破断した場合には、救助者の荷重がかかっているロープ 2 上で要救助者の『アサップ』がロックしなければなりません。

 

注意:

どちらの状況でも、二次災害が起こると救助作業が複雑化します。このロープレスキューを行う際は、アンカーやロープの破断が起こらないよう最大の注意を払わなければなりません。
要救助者のロープの安全性が確認できない場合は、別のロープをセットしなければなりません。

テスト:

テストを行った結果、『アサップ』は荷重のかかったロープでも正常に機能し、衝撃荷重が大きくなるあるいはロープが損傷することもないことが分かりました。

テスト1:

100 kg のおもりを、エネルギーアブソーバーを使用せずに『オーケー トライアクト』で『アサップ』に取り付け。
100 kg のおもりを吊るしたロープ『パラレル 10.5 mm』を使用。
落下前の状態: アンカーから 1 m 離れた位置に『アサップ』を取り付け、おもりを『アサップ』より上にセットします(落下距離: コネクターの長さの2倍)。

結果:

ロープは異常なし / 衝撃荷重 3.2 kN / アサップの移動距離 50 mm

テスト2:

100 kg のおもりを、『オーケー トライアクト』『アブソービカ』『バルカン』を使用して『アサップ』に取り付け。
100 kg のおもりを吊るしたロープ『パラレル 10.5 mm』を使用。
落下前の状態: アンカーから 1 m 離れた位置に『アサップ』を取り付け、おもりを『アサップ』より上にセットします(落下距離: エネルギーアブソーバーとコネクターを足した長さの2倍)。

結果:

ロープは異常なし(外皮に軽い傷あり) / 衝撃荷重 3.9 kN / アサップの移動距離 50 mm /
『アブソービカ』の伸長 200 mm

関連製品

  • アサップ
  • アサップ ロック
  • オーケー
  • パラレル 10.5 mm