『アイディ S』『アイディ L』『アイディ エバック』を使用したビレイ

logo_petzl

 

作業用システムが崩壊した場合、バックアップ用ロープにより墜落を止める必要があります。

警告

  • 以下の補足情報を読む前に取扱説明書をよく読んでください
  • ここで紹介する技術を使用する前に、取扱説明書の内容を十分に理解する必要があります
  • これらの技術を身に付けるためには、トレーニングが必要です
  • これらの技術を自身で実践する前に、使用方法を熟知していて責任能力のある人に相談してください

 
ロープを繰り出すために器具を操作する際、器具がロープをロックする機能を損なわないように注意してください。例えば、ハンドルを手全体でつかんではいけません。作業用ロープが破断した場合、反射的にハンドルを強く握ってしまい、器具がバックアップ用ロープをロックするのが遅れるおそれがあります。

おもりの重量が増加するのに伴い、落下時に生じるエネルギーは著しく増加します。ビレイの重量が 100 kg 超 250 kg 以下の場合、ユーザーは訓練と経験を積んでいる必要があります。

注意:

  • ・末端側のロープから絶対に手を放さないでください
  • ・作業用ロープが破断した場合に衝撃荷重を最小限に抑えるために、バックアップ用ロープは常にたるみがない状態を維持してください
  • ・荷重が大きくなるほど器具の操作に高い注意力が求められます。100 kg を超えると、どのような墜落でも相当なエネルギーが生じるため、軽視してはいけません

クリアランスに注意してください。作業用ロープが破断した場合、バックアップ用ロープが伸びる分だけおもりは低い位置まで落下します。
警告: 荷重が大きくなるほどより大きなクリアランスが必要になります。

belayingloads01

引き上げ時のビレイ方法

末端側のロープから絶対に手を放さないでください。

belayingloads02

ロワーダウン時のビレイ方法

末端側のロープから絶対に手を放さないでください。

2019 年モデルの『アイディ S』『アイディ L』『アイディ エバック』は、ロープに荷重がかかっていない時にカムを押すことでロックを一時的に解除できます。

belayingloads03

2019 年より前のモデルの『アイディ S』『アイディ L』は器具を傾けることでロープを流せます。

belayingloads04