ランヤード『アブソービカ』に吊り下がった要救助者の救助

logo_petzl

墜落した要救助者を解放するには

警告

  • 以下の補足情報を読む前に取扱説明書をよく読んでください
  • ここで紹介する技術を使用する前に、取扱説明書の内容を十分に理解する必要があります
  • これらの技術を身に付けるためには、トレーニングが必要です
  • これらの技術を自身で実践する前に、使用方法を熟知していて責任能力のある人に相談してください

 

要救助者が墜落してランヤード『アブソービカ』に吊り下がっている場合、負傷していなくても、特に手がかり足がかりになる構造物がないときには、セルフレスキューの手段がほとんどありません。

救助するには別の作業者が、荷重を移して救助するシステム (例: 『ジャグシステム』を用いたシステム) をセットする必要があります。適切なアンカーにこのシステムをセットしたあとは、このシステムを要救助者へ接続する方法が問題となります。

absorbica-pe08-secourssurabsorbica_07

要救助者のハーネスにシステムを直接接続できる場合

救助用システムを要救助者のハーネスに直接接続できるのが理想的な状況です。少ない用具でシンプルにシステムをセットでき、救助手順がより簡単になります。また救助中に障害物を通過しなければならない場合、より効率的に要救助者を引き上げることが可能です。

absorbica-pe08-secourssurabsorbica_11absorbica-pe08-secourssurabsorbica_15

要救助者のハーネスにシステムを直接接続できない場合

足場から手の届く範囲でいくつか接続可能な箇所があります:

– 要救助者のランヤード先端の『エムジーオー』にあるアタッチメントホール
– ランヤード『アブソービカ-Y タイバック』の中央にあるループ「タイバックリング」
– ランヤードのロープ又はウェビング部分に、それぞれに適したロープクランプを接続する

absorbica-pe08-secourssurabsorbica_21

absorbica-pe08-secourssurabsorbica_30

関連製品

  • ジャグ レスキューキット
  • アブソービカ-I
  • アブソービカ-I バリオ
  • アブソービカ-Y
  • アブソービカ-Y MGO
アブソービカ-Y タイバック