『アブソービカ I / Y』の構造物への回し掛け

logo_petzl

コネクターをクリップすることができない支点には、ランヤードを回し掛ける方法が取られる場合があります。

警告

  • 以下の補足情報を読む前に取扱説明書をよく読んでください
  • ここで紹介する技術を使用する前に、取扱説明書の内容を十分に理解する必要があります
  • これらの技術を身に付けるためには、トレーニングが必要です
  • これらの技術を自身で実践する前に、使用方法を熟知していて責任能力のある人に相談してください

absorbica-pe07-wraparound_06
ANSI Z359-13 規格には、ランヤードを回し掛けた状態での試験があります。
absorbica-pe07-wraparound_09
ANSI Z359-13 規格の試験方法:

約 25 cm x 25 cm の金属製ビームにランヤードを回し掛ける。
ゆっくりと荷重を加え、1分間荷重を維持する。
試験の合格には、強度が 22 kN を上回らなければならない。

結果:

『アブソービカ タイバック』: 27 kN で破断

ロープ製の『アブソービカ I / Y』: 12 kN で破断

伸縮型ウェビング製の『アブソービカ Y』: 19 kN で破断

『アブソービカ タイバック』のみ ANSI Z359-13 規格の回し掛けに関する試験に合格しました。

『アブソービカ I / Y』の試験で記録された強度は、墜落を止める際の最大衝撃荷重を上回ります。

従って、ランヤードの状態が良好であり、また支点表面の状態にも問題がない事が確認された場合、これらのランヤードを支点に回し掛ける方法で使用することが可能です。

mousquetonsv2-pe01-intro_14

注意:

– 『アブソービカ I / Y』のロープまたはウェビングは保護された状態にありません。ランヤードを損傷する可能性のある構造物との擦れには注意が必要です。

– 日光により熱くなる金属製構造物には注意が必要です。ランヤードの取扱説明書をよく読み、使用環境の温度に注意してください。

– 支点に回し掛ける際、コネクターの状態に注意してください。不適切な状態 (てこの力がかかる状態、角に当たった状態での荷重、ゲートへの荷重等) になる可能性が高いです。

径の太い支点に回し掛ける際に有効な方法

エネルギーアブソーバー部分にアタッチメントポイントを追加する方法があります。これにより、径の太い支点への回し掛けが可能となり、ランヤード先端のコネクターにてこの力がかかる状態を制限することができます:

『リング オープン』をエネルギーアブソーバーのループ部分にセットします。
警告: 『リング オープン』をその他の箇所にセットしないでください。

『リング オープン』のセット方法については取扱説明書を参照ください。
ランヤードを損傷する可能性のある構造物との擦れには注意が必要です。

absorbica-pe07-wraparound-v2_03