交互にリードする

logo_petzl

警告

  • 以下の補足情報を読む前に取扱説明書をよく読んでください
  • ここで紹介する技術を使用する前に、取扱説明書の内容を十分に理解する必要があります
  • これらの技術を身に付けるためには、トレーニングが必要です
  • これらの技術を自身で実践する前に、使用方法を熟知していて責任能力のある人に相談してください

 

高度感は増します。狭く不快なビレイ点もよくあるでしょう。意思の疎通も難しくなります・・・疲労や不要なストレスを避けるため、しっかりと準備をして効率よく登ることは重要です。マルチピッチルートでは、効率よく登ることで安全になるだけでなく、クライミングが楽しくなります。

登り始める前に

  • 合図の確認をしましょう(掛け声または手の合図)。合図は簡潔なものにしなければなりません。他のパーティーがいる場合には、混乱を避けるために必ず名前を呼ぶようにしましょう。
  • 途中でロープがねじれないように、ロープは適切に準備して正しくハーネスに結び付けます
  • パートナーチェックを行います

 

リードクライマーがビレイ点に到着

  • まずアンカーを確認します。各アンカーにクローブヒッチで自己確保をとります。次のピッチでディレクショナルアンカーとして使うため、クイックドローを1本セットしておきます。

  • 素早くロープをたぐります。ロープはきれいにまとめましょう (例:大きなループから徐々に小さなループにしながら足にかける)。ループを大きくしすぎたり、ビレイ点から垂れ下がらないように気をつけましょう。クラックや潅木等にひっかかることがあります。
  • 荷重を分散できるアンカーをセットします (荷重分散による支点のセット 参照)。アンカーの状態やルートを考慮してセットしましょう。『ルベルソ』をセットしして、セカンドのビレイを始めます。

セカンドクライマーがビレイ点に到着

  • セカンドクライマーは自己確保をとり、必要な装備の受け渡しを行います。『ルベルソ』の下側のロープに結び目を作った状態で、『ルベルソ』をアンカーからハーネスのビレイループに移します。

  • 適切にセットされたディレクショナルアンカーにロープをクリップします。『ルベルソ』の下側のロープの結び目を解き、リードを交代します

関連製品
  • ルベルソ