「スイッチ システム」で変わるクランポンの選び方

組合せ自在であらゆる登山に対応

組合せが自在な「スイッチ システム」により、どのペツルクランポンを選んでもあらゆるスタイルの登山に対応可能です。ビンディングを交換することで、あらゆるブーツに対応します: ワンタッチ、セミワンタッチに対応するフロントブロック、スチール製もしくはアルミニウム製から選べるリアブロック、多様なリンキングバーと選べる収納オプション、豊富なスペアパーツ。新たなクランポンをワンセット購入しなくても、1つのクランポンであらゆる場面に対応します。今季新しくなったクランポン『ダート』はこのシステムを最大限に活かすことができます。テクニカルマウンテニアリング用ブーツを用いた高難度アイス、ミックスクライミングのためにデザインされた『ダート』は、いくつかのパーツを交換するだけで、登山におけるその他のあらゆる局面にも対応します。

petzl_switch-system_booklet-digital_no-flip_page_1

あらゆるビンディング、クランポン、ブーツに対応

前後にコバのあるブーツに対応するため、『ダート』にはトーベイル『フィル』とヒールベイル『バックレバー』が付属します。前コバのないブーツにはトーベイル『フィル フレックス』、後コバのないブーツには『バック フレックス』が使用できます。さらに前コバの幅が狭いブーツのために『フィル スモール』、テレマークスキー用ブーツのために『フィル テレマーク』がラインナップされています。適切なリンキングバーとビンディングシステムを用いることで、ペツルクランポンはあらゆるブーツに対応します。

petzl_switch-system_booklet-digital_no-flip_page_3-crop

あらゆる場面に対応するフロントブロック

『ダート』のモジュール式フロントポイントにより、テクニカルなアイス、ミックスクライミングの様々な場面に合わせて、モノポイントとデュアルポイントの使い分けができます。しかしながら、クライミング用のフロントポイントは登山において常にベストとは限りません。そのため、クランポンのフロントブロックは簡単に交換できるようになっています。目的に合ったフロントブロックを選択し、購入済みのクランポンに付け替えるだけで、新たな挑戦への準備ができます。先にクランポン『ダート』を購入した場合、フロントブロック『イルビス』『バサック』『サルケン』を別に用意することで、より雪の多い登山に対応できます。既にペツルクランポンの現行モデルをお持ちの場合は、『ダート フロントブロック』によるアップグレードが可能です。

petzl_switch-system_booklet-digital_no-flip_page_4-crop

リアブロック: 耐久性か軽量性か

全てのペツルクランポンは通常のリアブロックとセットで販売されており、全ての別売フロントブロックに対応します (レオパードを除く)。
超軽量でコンパクトな組合せとして、アルミニウム製リアブロック『コードテック キット』が別売されており、ダイニーマコードによって『ダート』および『イルビス』のフロントブロックに取り付けられます。

自分に合った組合せ

ブーツや目的が変わる度に新たなクランポンを購入するよりも、1つのクランポンを拡張させるのが効率的です。例えば『ダート』は、ビンディング『フィル フレックス』『バック フレックス』『イルビス フロントブロック』、アルミニウム製リアブロック『コードテック キット』により、あらゆるブーツと登山に対応可能です。全ての登山に最適なクランポンは存在しませんが、「スイッチシステム」があれば用途に適した組合せを見つけることができます。

petzl_switch-system_booklet-digital_no-flip_page_5-crop
petzl_switch-system_booklet-digital_no-flip_page_6-crop

関連製品

  • ダート
  • ダート フロントブロック
  • コードテック キット
  • フィル スモール
  • テレマーク フロントベイル
  • イルビス フロントブロック
  • バサック フロントブロック
  • サルケン フロントブロック