滑降中におけるパートナーの安全確保

logo_petzl

 

最初に滑降するスキーヤーが困難な状況に陥る場面を予め想定し、アンカーを構築して確保するため、2番目に滑降するスキーヤーがロープとギアを携行します。

警告

  • 以下の補足情報を読む前に取扱説明書をよく読んでください
  • ここで紹介する技術を使用する前に、取扱説明書の内容を十分に理解する必要があります
  • これらの技術を身に付けるためには、トレーニングが必要です
  • これらの技術を自身で実践する前に、使用方法を熟知していて責任能力のある人に相談してください

 
ski-aide-equipier-couloir_07

スノーアンカーで確保する

岩や木等から支点が取れない場合、アイスアックスを埋めて支点を構築します。自己確保をとった後、最初に滑ったスキーヤーがすぐにロープに連結できるよう、カラビナを付けた状態でロープを下ろします。

アンカーの強度に疑いがある場合は、アンカーから直接ビレイしないようにします。

ビレイヤーはアンカーで自己確保をとり、衝撃荷重がかかるのを避けるため、ランヤードは張った状態を保ちます (『コネクトアジャスト』の使用を想定しています)。ビレイヤーはできるだけ足元の雪を掘り、しっかりとしたスタンスを作った上で、ハーネスからビレイします。どのような体勢でも十分な摩擦が生じるため、ビレイはイタリアン (ミュンター) ヒッチで行います。警告: ディレクショナルアンカーが無い状態で『ルベルソ』を直接ハーネスに連結してビレイしないでください。

ski-aide-equipier-couloir_11

ski-aide-equipier-couloir_13

岩等のアンカーで確保する

確実なアンカーがある場合、より時間をかけずに作業できます。アンカーをディレクショナルアンカーにしてビレイすることで、より快適なビレイポジションを確保し、『ルベルソ』の使用が可能になります。

ski-aide-equipier-couloir_21

ski-aide-equipier-couloir_23

 

2番目となるスキーヤーの動作

岩等のアンカーがある場合、難しい箇所を下降するため、2番目のスキーヤーは懸垂下降します。それ以外は、クライムダウンする必要があります。

関連製品

  • ガリー
  • ライド
  • アルティチュード
  • ツアー
  • イルビス ハイブリッド
  • ラドシステム
  • レーザースピードライト
  • コネクトアジャスト