終了点でのロワーダウンのセット

logo_petzl

警告

  • 以下の補足情報を読む前に取扱説明書をよく読んでください
  • ここで紹介する技術を使用する前に、取扱説明書の内容を十分に理解する必要があります
  • これらの技術を身に付けるためには、トレーニングが必要です
  • これらの技術を自身で実践する前に、使用方法を熟知していて責任能力のある人に相談してください

 

ロワーダウンのセットは、ロッククライミングにおいて最初に学ぶ基礎的な技術の一つです。何度も繰り返すうちに「いつもの決まりきった作業」になってしまいがちですが、地上 30 m の作業はミス一つで致命的な結果を招いてしまうことを忘れてはいけません。クライミング中もビレイ中も、決して集中を切らさないようにしましょう。

 

方法 1: カラビナで連結してロワーダウン

1.

2.

3.

4.

5.

6.

  • 作業中クライマーは常にロープを結びつけた状態を維持することができます
  • ロワーダウン中はカラビナで連結されています
  • カラビナの縦軸に荷重がかかっていることを確認する必要があります
  • ロワーダウンの途中でムーブの練習をすることはお勧めしません

方法 2: ロープを結びつけてロワーダウン

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

  • リングにはロープを1本だけ通します(リングの幅が狭いときに有効です)
  • ロワーダウンの途中でムーブの練習をすることができます
  • 作業中に一時的にロープを解除した状態になります
  • 再度タイインポイントにロープを結びつける必要があります

いずれの方法で行うにしても、クライマーが作業をしている間もビレイヤーはビレイを継続し、末端側のロープから手を放さないことが重要です

 

注意: こちらに掲載した内容はすべてを網羅するものではありません。取扱説明書、テクニカルマニュアルもご参照ください。技術的なトレーニングも必ず行ってください。